スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の政治、8月11日

やはり今週の冒頭は北京オリンピックである。なんやかんやと騒がしかったが、北京オリンピックが開幕した。毎日日本選手を応援するために寝不足が続く日本列島である。

まず開会式に驚かされた。千人二千人を一度に動員したマスゲームが延々と展開された。始めは驚きで見ていたが、最後には国力を世界に鼓舞しているように思えて少し引いた。他国のことだから言うべきではないのだろうが、人権問題が取り上げられている中、数兆円のお金を使ってのオリンピックに少々違和感を持ったのも確かである。長い長い開会式が終わった。感動と言うより大変驚いたと言うのが実感であった。

初日注目されていた谷亮子選手がまさかの敗退で銅メダルに終わった。三位決定戦に向かう際の谷選手の表情は暗かった。可哀想に思えた。長く辛い練習を繰り返してきて、絶対金メダル間違い無しと言われ、自身でもそう思っていたであろうから、銅メダルは落胆したことであろう。しかし私は思う。オリンピック五大会連続メダル獲得という素晴らしい実績を残し、日本女子柔道を世界に広めた功績は永遠に残っていく。胸を張って帰国してもらいたい。

常に思っていることだが、日本のマスコミは実力以上に持ち上げてしまう傾向が強い。例えば、女子バレーなんか私から言わせたらまずメダルは無理と思うのだが、テレビ番組などでは、メダルも可能であるとの論調が強い。女子卓球だってメダルは難しいと思うのだが・・。金メダルの有力候補と思う女子マラソンの野口選手が疲れが取れなくて一時帰国したとの報道には驚いた。そして太ももの付け根が肉離れしているという。

この暑い中、2時間半も走る過酷にレースである。たいしたことがなくスタートラインに立ち出来れば何色でも良いからメダルを持ち帰ってもらいたいとは思う。金メダル絶対と言われた野口選手。私も力感溢れる走法に、金メダルの期待をかけて楽しみにしていたのだが、レース直前でのアクシデント。好事魔多しとはこのことか。まさにマラソンも人生そのものであるなぁと思った。

野球の壮行試合がメロメロである。あの川上投手すらめった打ちされた。中継ぎで期待されているだけに星野ジャパンは頭の痛い状態での出発となる。それでも私は金メダルを持って帰ってきてくれると思っている。星野監督はジャパンを率いるに際して、今までの実績も名誉も名声も全てを賭けて臨んでいる。金メダルを取れば来年のWBCの監督も引き受けるだろうが、万一金メダルが取れず、しかも納得できる(我々ファンが)試合が出来ずに敗退したとしたら、一気に空気は変わるだろう。今回の人選も絡んで星野バッシングさえ始まりかねない。突出している人間には妬み嫉みが付きものだからである。それだけに星野監督が金メダルを取って帰ってきてくれることを切望しているのである。

うれしいニュースは柔道の内柴選手が日本で最初の金メダルを取った。会場に居る奥さんや息子の姿を捉えていたが、胸が熱くなる瞬間であった。私も歳を重ねたたのだなぁと実感した。努力したら必ず報われるというほど世の中は甘くは無いが、常に努力を重ね続けていると報われることがあるというのが本当のところである。内柴選手に拍手を贈りたい。

そんな中、福田改造内閣がスタートした。各世論調査は多少の違いはあるものの、やや支持率を持ち直している。これが本物の支持アップなのか、ご祝儀支持なのかはもう少し見てみないと分からない。巷間言われているところの、幹事長との密約説などは憶測に過ぎないと思うが、と言って本当に福田首相で解散するのか、麻生幹事長を筆頭にした別の人で解散するのかになると、福田首相で解散するとは断定できないのが福田内閣の弱いところである。

今回の内閣は財政再建優先派が占めたので、消費税アップが現実味を帯びてきたといわれているが、現実はそんな単純なものではない。国民生活を考えたら、この厳しい状況の中で消費税をアップするということは現実的には難しい。そんな折に経団連が福田首相に消費税アップを含めた抜本的な税制見直し案を提言した。現状から先を見たときに、景気の下降で税額が減ると見られるし、財政再建にはますます厳しい状況が予想される。来年度には年金の税負担率を3分の1から2分の1に引き上げなければならないし、どうしても消費税に手を入れなければなり立っていかないのも現実である。

民主党は、消費税率を上げないで無駄を徹底的に排除していけば財源は出るといっているので、次の解散総選挙の大きな争点の一つは、この消費税率アップ問題となるであろう。その外にも争点になる重要な政策は、後期高齢者医療問題。年金問題、インド洋給油問題、北朝鮮における拉致問題等々山積している。与野党のマニフェストを読んでみなければ分からないが、今度の総選挙が政権選択選挙になることだけは間違いない。

それにしても毒餃子問題のお粗末な対応には怒りを越えて馬鹿らしくなる。あれだけ強硬に日本で混入したと言い切っていた中国で、同じ会社製造の同じ種類の餃子を食べた中国の人が中毒を起こしていた。それをサミット前に通告してきて、徹底した調査をするまでは公表を控えて欲しいと要望されたとか。それは外交上あっても仕方が無いと思うが(ただし私はであるが)、公表されたあとの首相の対応が情けないではないか。

お隣の韓国では、竹島問題では一時大使を引き上げる等のパホーマンスまで遣っている。我が日本は中国に対して猛烈な抗議をするべきである。日本人が突然他国に拉致されてもそれを取り返すのに情けないほどの体たらくである。もっとしっかりしてもらわないと安心して暮らせないと政治不信に陥っているのは私だけではあるまい。

そして先週、政府は景気が「弱含んでいる」と公式に発表した。しかし景気の実態はすでに数ヶ月前から「弱含んでいる」し、「何を今頃」と思われた人達は多いと思う。今や中小企業はもちろんのこと、大企業までもが、先々に不安を感じているのである。何週間か前のこの紙面でも書いたが、政府公式発表は、季節の衣替えと一緒で、夏から秋に移る時は、相当寒くならないと厚物に替えないし、冬から春・夏に移る時は、相当暑くならないと薄着に替えないのと似ている。だから政府公式見解が出たら、今回の場合は相当景気は冷え込んでいると理解したほうが正解である。

石川啄木は「働けど働けど我が暮らし楽にならず。じっと手をみる」と詠んだ。今の日本はとんでもない格差社会になっている。中国のことを笑っていられない。片方では一夜にして巨万の富を得る人があると思えば、一生懸命働いても食っていくのがやっとの状態の人や、その仕事すらない人もいる状態である。能力はあっても、その能力を活かす仕事がない。どこでも雇ってもらえると思い早期退職に手を上げたが、辞めたらどこも雇ってくれず、自給千円の集金人をしている昔高い地位にありブイブイ言っていた人も何人もいる。努力したら報われると学校では教えたが、社会では必ずしもそうではない。

だから自分の力を過信して簡単に職を変えたらイカン。今の時代は、余程の覚悟がなければ転職は(ヘッドハンティングは別)危険である。今の職場で自分の力を発揮する工夫と努力を惜しまないことが、次の飛躍に繋がっていくと思う。サラリーマンは会社の看板を背負っているから、その上肩書きには権限が付いているから仕事が出来るように見えるだけ。一皮むけば本物と偽者が歴然としてくる。自分の腕を磨くことが一番重要である。

個人はそう思って努力していくべきだと思うが、政治となるとそうはいかない。政治とは、国民の生命と財産を守ること、国民を幸せにするために大所高所からいろいろと手を打つことである。グローバル化した現代では外交は重要である。国益を考えるのが外交である。それがなんとも心もとない。北朝鮮問題一つとってみても、横田めぐみさんのお母さんのおっしゃっていることの方が筋が通っている。

改革は何時の時代も必要である。なぜなら刻々と世界は変化しているのだから、社会も会社も個人も変化していかなければならないからである。変化とはたゆまぬ改革の心から生まれるものである。しかしその改革が、弱者を余計弱者にするものだけに繋がることは絶対に避けなければならない。改革には多かれ少なかれ後遺症が出る。それをどう最小限に食い止めフォローするかが政治の役割である。そこには愛情がなければならない。

食えるように何とかする、が政治の目標の一番目だった時代(戦後に象徴される)から、世の中が経済的に発展し豊かになった現在のような時代の目標とは自ずと違ったものになっていく。現代は「豊かさのあまり目標を失ったが故の悲劇」と言えるだろう。小林多喜二の蟹工船が突然売れ出した時代背景を感じずにはいられない。

優秀な学校を優秀な成績で卒業し、国を動かす職場を得たら、余程のことがない限り優雅な一生を送れるということが保証されているような世の中では、この激動する世界の変化に対応する官僚は生まれない。なぜなら人生は22歳までで決まってしまうということだからである。その後「身を呈して国のために」戦えないと思うからである。折角頑張ってきたのに、改革なんかで既得権を潰されてたまるものかと抵抗する気持ちは分からぬでもないが、それでは世の中が「動かぬ水は腐る」の例えどおり腐っていく。国力は低下していく。可能性が感じられる社会へと変化していかなければ、平和と繁栄を享受してきたわが国は衰退の道を辿るしかない。

個人は、国や社会に甘えずこつこつと努力する。国は、国民に愛情を持って、きめ細かい政策を立案する。息詰まるような世の中になったのは、自動車のハンドルに適度なあそびがあるのと同じように、人間社会そのものにも程度な空間がなければならないのに、それが全くなくなって、人を助けていたら自分が落ちていくというような社会構造になってしまったことが原因の一つではないだろうかと思っている。

スポンサーサイト

今週の政治、8月4日

この書き始めは、7月30日の時点でのものである。福田首相は内閣改造に踏み切るのか、それともそのままで行くのか。政界はその一点で注目されている。福田さんの性格(これまでの報道でしか伺いしれないが)から苦悩しているのではないかといわれているし、たぶん我々素人受けするようなサプライズ人事は難しいのではないかと思われている。

その昔、田中角栄首相が経済政策に行き詰まり、(日本列島改造論による土地の値上がりによって猛烈なインフレを誘発した)政敵の福田赳夫氏(福田首相の父)を大蔵大臣に指名したことがあった。共に血で血を洗うようなと表現された角福戦争で戦った二人だけに、これ以上のサプライズはない。要請を受け入れ就任した福田大蔵大臣は、猛烈なインフレを抑えるために総需要抑制策を採った。今そんなことが思い出される。

今時点で言えば、麻生さんを幹事長に持ってくるほどの人事である。父親にそんな歴史があるのだから、息子としても今回の改造人事では、まず麻生さんを幹事長に持ってこれるかどうかが大きなポイントとなろう。その上で内閣にどんな人をどんなポストに配するかに注目が集まるのである。中川秀直さんを中心とした上げ潮派を中心とした人選になるのか、与謝野さんに象徴される財政再建優先派を中心にした人選になるのか、これが今後の福田政治の行く先を占う大きなポイントとなろう。そして内閣改造を行えば、解散は福田首相の手で行われるだろうと思う。

公明党との関係も微妙な隙間風が吹いているような雰囲気である。今後、それも近い時期に(解散総選挙が終わってからだろうが)万が一公明党が連立解消とか、閣外協力等の路線に後退するようなことにでもなれば、一気に政界に嵐が吹くことになる。現在の微妙な動きが、与党を形成している二党のたんなる駆け引きで終わるのか、上記したような嵐になるのか、政界は一寸先は闇である。

このような公明党と自民党の思惑の違いについては各報道機関が詳細に報道している。テロ特措法の延長に対して公明党は慎重な姿勢を示しているようだ。また年金問題でも自民党と一定の距離のある政策を考えているようである。これらに対する考えの違いが、国会招集日の綱引きになっているようである。

一方民主党も9月の党首選挙に向けて水面下で駆け引きがあるように見受けられる。大方は小沢氏無投票で再選というシナリオに落ち着くのであろうと考えられているが、党内活性化という意味からも、対立候補の擁立が必要不可欠であると主張している有力議員もあるようだ。今回の党首選挙は、今までのような野党党首を選ぶものではなく、日本の時期総理大臣候補を選ぶものであり、一層注目を集めることになる。

そして自民党が本当に福田さんで総選挙を戦うのか、民主党は小沢さんで戦うのか、または両党とも別の人材が浮上してくるのか、関心が深まるところである。日本を取り巻く諸環境は厳しさを増している。まず原油高騰に伴う物価高にどう対処するのか。これは日常生活に直結するだけに深刻な政治問題となっている。年金問題と後期高齢者医療問題という厚生労働省所管の大問題をどう解決するのか。地球温暖化問題。地方をどう活性化させるのか。安倍内閣で成立をみた教育基本法の改正を受けて、実際にどうすすめていくのか。教育問題は、最近の若者が引き起こす凶悪事件を考えると急務の問題である。

先日もある人と話をしていたのだが、現代社会は豊かに為ってしまって、特に欲しいものが無く、強いて行きたいところも無く、だからそれを達成するために必死になって働く必要も無く、ぼさっとしていても三度の飯とお天道様はついて回るとなれば、活性するはずも無い。豊かさ過ぎが故の悲劇となっている。

私の子供のころは、欲しいものが一杯あった。中学生になって初めて腕時計を買ってもらったときは、抱いて寝たものであった。同じく、万年筆で初めて字を書いたときの感動は今も胸の奥深くにしまってある。今や物は周囲に氾濫するくらいにある。欲しいものはお金を出しさえすれば手に入るし、今お金がなくてもカードローンで簡単に買えてしまう。一方では企業も個人の生活も格差が広がってしまった。遅れを取ったとおもった者が、奮起一番巻き返すという意欲を失い、その理由を他人に転嫁して凶悪な犯罪に走ってしまう。このままでいくなら、近い将来日本は破滅の道に入るのではないかと多くの人たちはそう思い始めているが、それを食い止める手立てが見つからない。

これからの記述は内閣改造後2日のものである。1日夜福田首相は内閣改造と党役員の人事を発表した。まず麻生さんを幹事長に据えた。これは上記したようになかなかの決断である。まず大きな扉を押し開いた。今後の政局は麻生さんを中心として動いていくと思う。昨年の総裁選挙のとき、私は難波高島屋前で行われた福田・麻生両氏の立会演説会を聞きに行った。高島屋前を埋め尽くした大聴衆の中では圧倒的に麻生さんの人気は高かった。

そして言っていることも福田さんに比べて歯切れが良く、前向きで明るく期待出来そうだと思った。しかし小泉・安倍時代の改革改革の大合唱に国民は少々疲れていたのだろうし自民党の代議士さん達も少し息をつかせてほしいと思っていたのであろう。この辺で少し安心感のある癒し系の人が出てきて欲しいという思いがあったのだろう。麻生嫌いの多い自民党各派閥から一夜にして四面楚歌の状態にされ麻生さんは善戦虚しく敗れた。そして約一年が過ぎ、今回党幹事長として登板することになった。どんな動きをするのかに注目して行きたい。ただしこの人、小泉さんや竹中さんほど改革に傾倒しているわけではない。安倍さんとのほうが麻生さんは近いと思う。

次に凄かったのは、この内閣から上げ潮派を一掃して、慎重派と言うか財政再建優先派を中心にした布陣を組んだ。財政担当相の太田さんのあとに与謝野さんを据えた。これは大きなメッセージである。ただ与謝野さんにしても今すぐに消費税を上げようといっているわけではない。景気浮揚策を優先して税収増を図り、徹底的に節約をしてプライマリーバランスをとろうとする上げ潮派の政策では、長い時間がかかり不安定だから、徹底した節約は図るのだが(この辺の徹底した節約がどの程度のものを言うのかについては、言及していない)将来安定した政策を実行するためには、消費税引き上げもやむを得ないと言っているのである。

上げ潮派は経済成長率を名目で3%を目指しているのに対し、慎重派は1、5%でもいい、無理するとまた国に借金が増えることになるとしている。そして閣内に、この前の総裁選のときに消費税の引き上げを堂々と政策に盛り込んだ谷垣さんが国交大臣という重要閣僚として入閣したことも、福田首相が消費税引き上げに軸足を移したと思われるメッセージとして受け取られている。幹事長から財務大臣になった伊吹さんもどちらかと言うと、与謝野さんたちの考えに近い人である。

もう一つ、郵政民営化に反対して党を除名されその後復党した野田聖子さんが、消費者担当相として入閣し、同じく造反組の保利さんが党の政調会長になった。これは明らかに小泉時代からの決別を表している。唯一つ良かったなと思ったのは、中山恭子さんが拉致担当相になったと言うことである。今までは町村さんが官房長官と拉致担当を兼任していたが、専門家で拉致家族の方々の信頼も厚い中山さんが少子化担当相との兼任とはいえ、拉致問題の担当相になったのは今後の北朝鮮との交渉に大きなインパクトになれば良いと期待している。

厚労相の舛添さんの留任は当然のことであろう。防衛相は石破さんが適任ではないかなぁと思うのは私だけだろうか。今回の改造で安倍前首相に近い人たちは全て遠ざけられた。これは当然のことである。トップが交代したのだから、もっと早く自前の内閣を造って考えている政策を実行するのが首相の最大の役割だからである。

現在わが国を取り巻く環境は、国民生活だけとっても多くの問題を抱えている。原油高による物価高。しかし給与は上がらない。国民生活は厳しくなるばかり。大型倒産も囁かれている。先行き不安だらけである。今年の景気は下がっていくだろう。と多くの人たちは漠然とした不安の中にある。

さてこの内閣で我々国民が苦しんでいる緊急の課題を解決してくれるだろうかという点については、世論調査でも大きく二つに分かれている。そして解散して国民に信を問えという声は一番多数派である。そしてその受け皿となるであろう民主党に投票しようと思える候補者がいるのかというと、はなはだ難しいところである。玉(候補者)が不足している。そしてもしも民主党が政権を取ったら、今議論していることを実行できるのかについてもはなはだ疑問符が付く。

しかし一度やらせてみようではないかという声も今年の春よりは大きくなっていることも事実である。改造福田丸がどんな舵取りでこの難局を乗り越えてくれるのか、政治は経済よりも一歩先んじるの原則からして、福田首相に残された時間はそう多くはないのである。

私の感想は、職場は一将の影なのだから、首相が交代しなければ劇的な変化は現れない、福田首相は平時の首相としては調整能力もあるし安心感もあるが、激動の時代の首相としてはフットワークに欠け、時期を失する恐れありと不安である。これから秋にかけての政局は、日本の将来を決める大きな決断の時期になっていく。

 | BLOG TOP | 

プロフィール

こんこん

Author:こんこん
ひまわり大好きmini向日葵Clubのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。