スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の政治、10月9日

先日の、福田首相の所信表明演説を聞いた。感想としては、トップが代わるとこんなにも変わるものかと思った。戦う姿勢というよりも、野党と仲良く話し合っていきましょう。野党の言い分も聞き入れますよ。という感じが強く出ていた。これから政治は確実に変わっていくと思った。それが良いことかどうかは今後の推移を見なければ分からないが、とにもかくにも福田内閣はスタートした。

私が先週命名したように、「福田ゆったり内閣」では、野党も暖簾に腕押しになるのではないかと思う。代表質問でミスター年金との異名をとる長妻氏が抜擢されて質問に立った。安倍前首相に対して質問するつもりだったが、約20日あとになった質問である。実に80項目にのぼる質問だった。しかも細かい質問だった。何度も代表質問をテレビで見ているが、こんな細かい質問は始めてである。

福田内閣は話し合いでこの難局を打開しようとし、小沢民主党は対決で早期に解散に追い込もうとしている。安倍首相のときとは微妙に感じが変わっている。俗に言う改革は先延ばしになるような気がする。与・野党ねじれ現象は、政局は不安定であるが、懸案の各種救済的法案(年金は支払い以外に流用しない法案・老人の医療費凍結法案等々)は通りやすくなっていると思う。子供手当て法案も参議員に提出された。これか一連の法案が民衆に媚びる法案になるか、国民を助ける法案になるかがポイントである。

北朝鮮は、まともに国民を食わせられないのに、アメリカを始めとして世界の強国を手玉に取っているようにみえる。国民を拉致されても何の手も出せないわが国は、本当に独立国といえるのか。情けないと思う。アメリカだって韓国だって、表向き良いことを言って、拉致が前進するようにできるだけのことをするとか、拉致問題が解決しなければ、北朝鮮へのテロ指定国家の解除はしないというのだが、果たしてどうだろうか?大いに疑問が残るところである。

ここで今週は話をガラッと変える。D・カーネギーの名著に「人を動かす」「道は開ける」がある。支店長だった若いころ、この二冊を懸命に読んだ。その一つ一つが胸にストント落ちた。特に「道は開ける」の中に、悩みを克服する魔法のような方法が書いてある。若い頃に支店長を拝命して、何かと悩みが多かった頃である。その数々の言葉に助かる思いがしたものである。人の上に立つ立場の者は、日々悩みの連続である。一つ解決できたらまた一つ発生する。それが数件かたまると思い悩んで「うつ」になりかねない。リーダーは、それらの悩みから解き放たれる方法を体得する必要がある。

詳しくは本書を読んでもらえば一番いいのだが、少々解説してみる。まず「今日一日の枠で生きよ」と強調されている。済んだことに何時までも囚われていても何の効果もない。悔やんでばかりでは先が開けない。そして、まだ来ていない明日(将来)のことに思い悩んでもなんの間解決にもならない。取り越し苦労は無駄な苦労である。一生懸命に考え行動するには、今日という一日で充分である。

ここに悩みを克服する魔法の方法を紹介しよう。悩みが出来たら、まずはその悩みの原因を率直に分析してみることである。次にそれによって起こる最悪の事態を想定してみる。次に、それを脱却できないから悩んでいるのだが、それを甘んじて受け入れてみる。

これによって不思議なことが起こる。今までは堂々巡りをしていた思考が、急に落ち着いて気が軽くなってくることに気づく。これで頭が回ることになる。半分成功であるが、ここからが大切なのである。次は、これを踏まえて最悪の事態を少しでも挽回できるように行動してみることである。

たとえば、大きな取引先からクレームがついたとする。非常に厳しい先だから、ひょつとしたら取引停止になるかもしれない。当然思い悩む。思考は堂々巡りを繰り返すことになる。そこでこの法則を当てはめてみるのである。まず、なぜそんなことになったのかを率直に分析してみる。次にこれによって起こるかもしれない最悪の事態を想定する。殺されることはない。まだまだこれくらいで倒産することもない。売り上げが落ちて当面収益が悪化して厳しくなることはある。そこでこの件が引き起こす最悪の事態が見えてくる。そして、最悪の場合のそれを甘んじて受ける覚悟をする。次にその最悪の事態を少しでも軽くするためにはどうすればいいかという方法論が浮かんでくる。クレームを解消するために新しい商品を即、造り直して納入する。これをたとえ徹夜になってもやり遂げる。トップは即、先方の社長の下にはせ参じて、今回のことを心からわびると同時にこれに対する事情と対処方法を述べる。それで許してもらえるかどうかは変わらないが、最悪の事態を少しでも軽減するために懸命に動き対処するのである。

またこんな場合もある。社員がミスをした。厳しく難しい法外のグループから脅しのようなクレームが来る。どうしてくれるのか。監督官庁に言うと同時に報道機関に言うぞ。君のところは信用を失い会社は潰れるぞ。これには弱い。何とか穏便に収めようとして、やってはいけない手法をとって、かえって取り返しのつかないことになる。

だから落ち着いて、これによって起こる最悪の事態は何かを想定する。たしかに報道機関に言われて信用を失うかもしれないが、失わないかもしれない。最悪の場合は、信用を失って業績が低下するが、それだけでは潰れるまでは行かないだろう。

それが最悪の事態である。それを甘んじて受ける。そしてその最悪の事態を少しでも軽減するために、脅されていることを警察に通報する。その一方で、そのミスをクリアするための努力を懸命にする。案外とそのグループは方々でそんな手で脅していたりするもので、正攻法で進んだら、思ったよりも小さな傷で済んだりする。悩みが激しくなって、ノイローゼ気味になり、やってはならない方法をとるとそれこそ取り返しのつかないことになる。

会社を経営したり、部下をもつていると悩みは限りなくある。不安も限りなくある。その悩みに自ら負けないためには、このカーネギーの魔法の方法を使ってみることをお勧めする。私も現役時代にいろいろな修羅場に立ち会ってきた。それは私の著書「人は化ける組織も化ける」(PHP研究所版)に詳しく書いたが、それはみなカーネギーの、この方法に基づくものであった。事態が悪くなったら、無駄な悩み込みをしないで、安きに逃れないで、正攻法で行動する。それは、最悪の事態を甘んじて受け入れ、その最悪の事態を少しでも軽減するためにの行動である。

支店長をしている時、思うように業績が上がらないこともあった。どうしよう。また支店長会議でつるし上げられる。悩みは深刻になり、夜眠れなくなる。だから余計昼間に良い知恵が浮かばないし、生き生きと行動できない。焦りまくる。悪循環である。これの最悪の事態は支店長更迭である。それを甘んじて受ける覚悟をする。気が急に軽くなる。次にその最悪の事態を少しでも軽減するために行動する。「蒔かぬ種は生えぬ」である。業績を上げるためには、取引先を数多く訪問したり、電話作戦をとったり、過去の取引先の実績を分析して、アプローチしたり、新規開拓をしたり、前向きに行動する。すると不思議なことに仕事が少しずつ入ってくるのである。

結果には必ず原因がある。大口の注文が減っているとか、小口が入ってこないとか、自社の商品が売れ難いとか、いろいろある。その原因が把握できたら、それによって起こる最悪の事態を想定する。次にその最悪を少しでも軽減する方法を実行する。収支がバランス取れない時は、思い切って出を減らしていく。売り上げを上げる努力をする一方で、最悪の事態に備えて、その場合の収支を不具合にならないように、出を思い切って削減する腹案を持っておく。次にそうなることを少しでも小さくできるように、行動するのである。カーネギーのこの方法は、我々小人の心を安定させ、行動する思考に戻してくれるのである。案ずるより産むが安し。やってみないとわからない。やる前から比較的なことばかり考えるな。ではまた来週。。


スポンサーサイト

今週の政治、10月1日

今日から10月に入る。あれだけ暑かったのに、急にここ数日は肌寒く感じる気候になった。「これで今年は生き延びた」とホッとしている方々も多いと思う。今年がこんなに暑かったのだから、来年はどうなるのだろうと今から心配である。面白い嘘のような本当の話がある。今年も北海道から沖縄まで行ってきたが、この7月中旬から9月中旬に行った地域で、日中に一番気温が低かったのが、沖縄の32度であった。沖縄の気温が一番低いのだから、今年の夏の猛暑ぶりが如何に異常であったかが分かろうというものである。

先週発足した福田内閣を評すると、町村さんを官房長官に持って行き、その後任の外務大臣に高村さんを当て、防衛大臣には石破さんを持ってきたのは、なかなか絶妙の布陣だと思う。テロ特措法に対する強力な体制を組んだと思う。麻生さんはやはり入閣しなかった。彼流の男の美学である。これに対してもいろいろと反対論はある。昔石橋湛山さんと岸信介さん(安倍前総理のお祖父さん)が総裁選を争って、石橋さんが決選投票で石井さんを味方につけ、逆転で総理になったとき、石橋さんの求めに応じて、岸さんは身内の入閣はしないほうが良いという意見を退けて入閣した。

それからまもなく、風邪をこじらせて石橋首相は病気になり惜しまれて退任した。後継総理には、先日の総裁選で第一回目の投票でトップになっていた実績と閣内に居ることもあって、岸さんが選ばれたのである。また福田さんのお父さんの赳夫氏が総理になったとき、総裁選を争った太平さんを身内の大平を幹事長などの要職で処遇するなという反対論を受け入れず、幹事長に据えた。これを大平さんは受けた。幹事長は党に対して絶大な力がある。力をつけた太平さんに、次の総裁選の党員が行う予備選で負けた福田首相は、本選を辞退し退任した経緯がある。このように何かの重要ポストについておくほうが将来有利だという考えもあるのだが、麻生さんはその誘いを全てを固辞したと報じられている。また別の報道では、その時の悔しさを知る森元首相(その時の福田派の若手議員だった)が、麻生さんの幹事長就任も閣僚就任にも反対したとされている。

今回麻生さんは入閣も党の役職にも就かなかった。麻生さんの腹の中では、福田政権は短命だという読みがあるのだろう。その他の閣僚は留任した。安倍引継ぎ内閣という性格の内閣がスタートしたことになる。今日から国会が本格的に動き始める。先ずはテロ特措法を巡る攻防が注目される。私個人は、この程度の国際貢献は当然しなければ為らないと思っている。汗をかかず金だけ出して、しかも当時の金で1兆4千億円も出して、クエートから全く感謝されなかった過去の教訓もある。

近所の付き合いに例を取ってみたらよく分かる。近所の付き合いを全くせず、どぶ掃除や祭りにも参加せず金だけ出して、今度は自分のところで取り込みがあったから助けてくれと言っても、誰一人として手を差し伸べてくれる人はない。それと一緒である。私は、このテロ特措法の扱い方で、民主党が政権を担うに足る政党がどうかを窺うことが出来ると思っている。そりゃあ危険なところに身を置かず、いざというときは守ってもらえたら、これに越したことはないが、そうは問屋は卸さないのである。

年金問題についても、舛添大臣を中心にして、5千万件の照合を懸命に行い、来年三月までにやり遂げるといっているのに、(私はその時期までは難しいのではないかと思っているが)民主党は、絶対無理だ無理だと言い続けている。これもおかしいと思う。やってもらったらいいと思うのに、やる前からダメだダメだという。このようにしたらどうでしょうか。そのやり方では不十分ですよ。という意見や注文は幾ら言ってもいいのだが、出来ないできないと言いすぎるのは、いかがなものであろうか。そんなこともあって、果たして我々国民は、自民党の政治の方がいいのか、民主党の政治の方がいいのかを、この国会で見極めることができる。そして来るべき解散総選挙には、信念の一票を投じなければならない。

政治は経済を一歩先んじるのが原則とされる。国民は、小泉・安倍両政権では、改革改革で、経済も追い立てられるように、変化変化といい続けてきて、いささか疲れ気味である。ここにきて、果たして改革がどんないい結果をもたらしてくれたのだろうかと、見直す空気が漂い始めていた。そこに福田ゆったり内閣の誕生である。私は福田内閣を「ゆったり内閣」と命名した。

霞ヶ関も、ひとまず息をつくことであろう。福田さんなら、突然刃を突きつけられることもないだろう。相談してもらえるだろう。とホッとしているようである。経済界も、福田さんなら独走することはないだろう。根回しがあるだろうと思っているようである。地に足の着いた政治を期待しているようである。わが国は農耕民族である。土地に根付き、長老を中心にして村がまとまり、何事も前例を重視し、年一回の収穫で生活をつなぐ、気長に生きるのが農耕民族である。これに対し、狩猟民族は、獲物を求めて各地を狩に明け暮れ、獲物が捕れなかったらその日は食うことが出来ない。だから獲物を沢山取れる者がリーダーになる。このように少しの間も安心できないのが狩猟民族である。このように狩猟型の生き方は疲れるのである。小泉・安倍両内閣は狩猟型、福田内閣は農耕型。わが国の民族的文化は農耕型の方が安心できるようである。

しかしである。世界は狩猟型で激動している。そんなのんびりしていて、変化についていけるのですか。そんな疑問と不安がやがてそんなに多くの時間を要せずに我々の前にやってくるに違いない。そんな不安をもたれないように福田内閣はどんな政策を出し、実行してくれるのであろうか。スタートの内閣支持率は上々であるが、これは期待感を含んだ支持率である。本当の支持はこれからの政治にかかっている。

ゆったり内閣のスタートで、経済もここしばらくは大きな変化も改革もなく、無難に推移していくとおもられる。可もなく不可もなくというところであろう。しかし、水面下でよくない兆候は進行しているように思う。アメリカの住宅投資が低下し始めたのが今年の2~3月であった。そして8月には突然のように、アメリカの住宅ローンに大量の不良債権が発生して、証券化したものを買っている投資機関が大きな損出を出したと報じられた。損出を穴埋めする手段として、保有株式を売却して利益を出そうとする動きが活発になり、世界中で株価が低下した。ドルが大量に売られるから円は高くなる。日本の経済は貿易に依存する率が高い。円高は日本企業の業績には決して良い事ではない。だから日本の株を売る動きになる。その二つの動きが重なって日本の株価は下落した。アメリカは素早く金利を引き下げた。日銀も金利の引き上げを見送って、この事態に備えた。心は「ゆったり」でいいが、福田内閣は、激動する事柄には素早く対応してもらいたいと思っている。

格差問題は、小泉さんの改革が余りにも激しかったから、陰も濃く出たのである。これの解消はなかなか難しいと思う。

私は、現場で肌で感じて今も思っているのは、竹中プランの余りにも激しい鋭角的施策のために、潰れなくてもいい会社や金融機関までもが、潰れたり大口合併に追い込まれたりした。熱病に冒されたようにやりすぎたと思っている。与謝野さんが金融担当大臣のとき、ソフトランディングを模索したときがあった。しかし小泉さんは竹中さんの案を支持した。あの時もう少しソフトランディングでやっていたら、あらゆる分野でここまでの格差がつかなくて済んだと思っている。

その結果、金融機関は企業を育成する使命感を捨て、多くの会社は社員の幸せよりも、企業自らが生き残ることを優先した。勝てば官軍。負ければ賊軍。勝ちさえすればいい。何としても勝ち抜けるのだ。儲けさえすればいい。その結果、人々の心に荒廃が起こり、自分さえよかったら他人なんかどうなってもいいという風潮が蔓延して、騙される奴が悪いのだ。儲けて何故悪い。というフレーズにつながって行った。大人の社会がこれでは子供の教育に悪すぎる。心優しい子供が育たない。人のことに心をかけていたら、自分が負けてしまう。そして、子供が親を殺し、その逆も日常驚かなくなるくらいになってきている。物質的にはこんなに豊かな社会なのに、自殺者が年間3万人を超える。これで果たして幸せな社会といえるのであろうか。

この影の部分は本当に末恐ろしい。下手をすると取り返しがつかなくなる。これらの問題を「福田ゆったり内閣」で取り戻すキッカケがつくれるだろうか。自動車のハンドルには「あそび」がある。あそびのないハンドルでは、道路の凸凹が直接ハンドルにモロに伝わり、ハンドルを取られて事故になる。余りあそびがあり過ぎたら、回しても回しても曲がれないから事故になる。適度なあそびこそ、豊かな心と平和な社会を作る基本である。このように人間の頭と心にも、このあそびの空間が必要である。

さらにもう一つ、ミヤンマーでの日本人写真家の射殺問題である。この事態に福田内閣はどんな手を打てるのか、注目している。一事が万事。拉致問題の解決にも手法は関連あるからである。そんなこんなで、私は福田内閣に期待しているのである。ではまた来週。

犯人が見つかりました??


いやぁ~、前から楽しみにしておりました、「犯人に告ぐ」
つ・つ・ついに!!映画化しました。


「犯人に告ぐ」
雫井 脩介 待望の文庫版「犯人に告ぐ」



「犯人に告ぐ」文庫版(上・下)
出版社 双葉社
発売日 9月13日(予定)
定価(税込み) 上巻630円 下巻650円


◆広告主紹介◆

【商品・サービス名】雫井 脩介 待望の文庫版!「犯人に告ぐ」

【URL】 http://www.amazon.co.jp/%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%81%AB%E5%91%8A%E3%81%90-%E4%B8%8A-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%97-29-1/dp/4575511552/ref=sr_1_7/503-6660403-0807153?ie=UTF8&s=books&qid=1189754957&sr=1-7


ベストセラー小説「犯人に告ぐ」待望の文庫判!発売決定!


2004年週刊文春(ミステリーベストテン)第1位!

2004年週刊現代(最高に面白い本)第1位!
2004年大藪春彦賞受賞!

「ダ・ヴィンチ」BookOfTheYear 2004ミステリー&エンタメ 第10位!
2005年版 このミステリーがすごい! 第8位!


などの数々の賞に輝いた傑作小説が、映画公開に先駆けてついに文庫化!


現役捜査官のテレビニュースに出演!!
犯人に呼びかける!


犯人よ、今夜は震えて眠れ!!

川崎でおきた児童連続殺害事件。
<BADMAN>と名乗りテレビに脅迫状を送りつけた犯人は、3件目の犯行後、表舞台から姿を消す。膠着した捜査に警察は、捜査責任者をテレビに出演させる大胆な【劇場型捜査】を決断。その指揮をとるのは、かつてメディアによって叩かれた孤高の主人公。

心に傷を負った刑事VS姿なき犯人

犯人は誰だ?

物語が進むにつれ、深まる謎!!

内部の人間が!?

・・・。

観客は1億3千万人の全国民!!

かつてない【劇場型捜査】が始まる。


劇場型犯罪VS劇場型捜査
今までの警察小説をくつがえす、斬新なストーリーの結末は・・。




◆豊川悦司でついに映画化◆


発売から約三年ベストセラー小説がついに映画化!
10月27日から、全国順次ロードショー!



映画「犯人に告ぐ」

◆著者略歴◆

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ 1968年生まれ )

・専修大学文学部卒業、出版社や社会保険労務士事務所に勤務。
・2000年、『栄光一途』で第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞。
・2005年、『犯人に告ぐ』で第7回大藪春彦賞受賞、『火の粉』が土曜ワイド劇場でテレビドラマ化。
・2007年、『クローズド・ノート』が行定勲により映画化、『犯人に告ぐ』が瀧本智行により映画化。


 | BLOG TOP | 

プロフィール

こんこん

Author:こんこん
ひまわり大好きmini向日葵Clubのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。